Category: Uncategorized

Zweichain(ツバイチェーン)不動産ベースのNFTの制作と販売、まずはバーチャル空間のコワーキングスペース、アパレルショップの賃貸から開始、アパレルフロアでは、コロナ禍にもメタバースで試着が可能

2022.1.18 PRESI Zweispace 国産のブロックチェーン、Zweichain(ツバイチェーン)を利用した、不動産ベースのNFTの制作と販売を開始、不動産業のルーキーとメタバースの不動産業で、まずはバーチャル空間のコワーキングスペース、アパレルショップの賃貸から開始、アパレルフロアでは、コロナ禍にもメタバースで試着が可能。 ツバイスペースの特許を利用し、現物不動産とメタバース上とのブロックチェーンを使った不動産取引を行い、メタバースでの商業不動産の賃貸管理業務を開始します。その第一弾としてコワーキングスペース、アパレル、ファッションビル利用のプロジェクトを開始。物理的な不動産側は不動産事業者のPRESI、ブロックチェーン、スマートコントラクト、AI、3D、メタバース側は、ZWEISPACEが担当します。 < NFT > 昨年から話題のNFTは、そのままでは権利関連に課題が残るため、ツバイスペースは独自の非公開システムで実際のデータを管理している。一方で、NFT化は、建物のイメージの解像度を落としたものに独自の加工を加えて行う。下は、渋谷区神宮前の実際の不動産の事例     <お使いのブラウザー設定などによりますが、カードが回転してみえます> < メタバース > ツバイスペースが運営する東京コインピックのメタバース内では、アパレル店舗や、フィッティングルームが既に昨年夏に開設され、運営されている。メタバースで試着できるのと同じ服が、リアルワールドの実店舗でも販売している。服の販売に応じて、メタバース上での賃料がビルのオーナーにトークンで支払われる。 左は、Tシャツの店舗、右はアバターに自分の好みの服を着させるフィッティングルーム。 バーチャルスペース上の各店舗と、テナントを、物理空間の不動産をブロックチェーン登記により、現実の不動産とつなげ、テナントの運営管理、他様々な作業をブロックチェーンやスマートコントラクトの機能を使って行っている。 < コワーキングスペース・アクセレレーター事業 = Zweispace事業 > Zweichainのチームは、その特許群を提供しているZweipsaceが、昨年2020年には、シリコンバレーで最も有名な、ユニコーンを多数輩出したアクセレレーター兼アーリステージVC、「プラグ・アンド・プレイ」のサミットで、日本の企業としては非常に珍しく米国ベンチャー企業を抑えて優勝している。そうした経緯もあり、世界各国の不動産テックや建設テックベンチャーの起業家たちとのネットワークがあり、渋谷や原宿、表参道などの、アパレルブランドだけでなく、世界の最先端、最優秀スタートアップ達を誘致していく予定だ。 Zweispaceの、Zweiはドイツ語で「2」という意味で、若者や起業家に、新たな出会いを生むために時間と空間の共有を可能にする、アプリや建築付帯設備の開発運営をする会社として設立されている。ブロックチェーンやロボット建築士、リーガルテックなど、さまざまな世界最先端アプリケーションを開発運営しているZweispaceだが、空間のシェアをするZweipsace事業が本来の業であり、2022年のコロナ禍の東京で、デジタルツインのバーチャル空間側からアクセレレーター事業を開始することになる。 < 各アセットクラス > 商業施設、ロジスティック・ファシリティーズ施設の一例として、アパレル業界向けに、Tシャツ、チャリティープロジェクト「BentoDAO」のクリプトアートを飾ったTシャツの試着、デザイナーTシャツの試着・販売を開始している。こちらは、EC決済、クリプト決済後の物流にもつなげる予定だ。 ツバイスペースは、まずは、地球文明特有の不動産を、ブロックチェーンを通じて、バーチャル空間に一対一につなげ、トークン化していき、バーチャル空間での賃貸収入に加え、不動産と建設業界、その他実経済の各産業へ、さまざまな収益機会を提供していく。 < ZVST TokyoCoinPick.Zweispace.Com > 各アセットクラスは、東京コインピック のサイトでメタバースがつくられている。 また、このCoinPickのプロジェクトで利用されるトークンは、ZVSTトークンで、Zweichain上のZSP規格で登録され、業界の標準的な分散ウォレットでの送付が可能。wallet.zweicoin.com 内での送付も可能になる予定。 < ZweiClub.com への上場 > ZweiClubは、現状、SDGs系のトークンと、新産業系のトークン、Club系のプロジェクトのトークンを上場させる。問い合わせは(詳細こちらへ) ZVST: 今回バーチャルの各メタバース関連のプロジェクトで利用するトークン NMZ: 震災対策のアプリケーションのユーティリティートークン ZWC: Zweichainのネーティブユニット < Wallet.Zweicoin.Com への新規登録 https://wallet.zweicoin.com > Wallet.Zweicoin.Com は、Zweispaceのセントラライズド・ウォレットで、ユーティリティートークンであるZweicoinの保有者を中心にさまざまなブロックチェーンベースのサービスが提供されている。今回、既に登録されているナマズトークン、リーガルトークンに加え、ZVSTも、登録される。登録は1月下旬の予定。 < Zweichain の ガスコスト > 昨年以来、L2と主張しているサイドチェーンと比べると、コストがほぼかからない送付が可能なため、ブロックチェーン関連のプロジェクトをする人企業は、特に公開企業など外部株主がいる場合は、同じ機能であればコストの安いZweichainを選択される。幸いツバイチェーンは、国産のチェーンなので、日本のビジネス慣習や、ビジネスモデル、規制等に合わせた、さまざまな常識的な対応が可能である。SDGsへの対応にもコミットしているため、エネルギーが無駄に消費されると懸念する欧米の機関投資家等に対しても、Zweichainが既存のブロックチェーンと違い、エネルギー効率の高いシステムである点、啓蒙していく。 ツバイチェーン( Zweichain : https://zweichain.zweicoin.com )は、ビットコインやイーサリウムなどの通常のブロックチェーンと違い、電気代の無駄をなくし、各サーバーノードに権威付けをすることにより、比較的少数のサーバーノードをハッキング耐性を持たせつつ保全することが可能。ツバイスペースは、スマートコントラクト関連の特許や、マルチシグ関連の特許も取得しており、現在の一般的なブロックチェーン技術よりもよりエネルギー効率の高い、次世代のブロックチェーン技術を開発運営している。Zweispaceは、今後とも、AIとブロックチェーン技術のスムーズな産業利用を志向し、日本発のインターネット・テクノロジー企業として世界へ展開してまいります。 < 参考 > Zweispaceがその特許群を提供するブロックチェーン「Zweichain」は、現在、世界7カ国にサーバー群が分散して設置されている。日本では大手建設グループの鹿島平和研究所に最初のサーバーノードを設置し、そのほか世界の一流大学などで運用している。Zweichainの機能性能は現時点で既に、世界のトップレベルのチェーンのそれを凌ぐ。これに加えて各種の特許もあるということです。 (参考:2021年11月時点の業界データ) Zweispace and PRESI started a NFT minting and sales business, specialized in real estate, using patented real estate blockchain or Zweichain. Virtual coworking space and accelerator, and apparel shops where fitting rooms before purchasing…

ツバイスペースのロボット建築士「オートカルク」が特許を取得。現在、全国のパートナー不動産業者、建設業者などが利用中、海外でも話題に!

Zweispace, a prop-tech, kensetsu-tech, blockchain solution company, located in Tokyo, Silicon Valley, and Singapore, its popular Robot Architect “Autocalc” received his patent. Robot Architect is currently serving for Zweispace’s realtor and construction partners in Japan. ツバイスペースは、先週、ロボット建築士『オートカルク』の特許を取得した。同社は、土地の形状をスマートフォンなどで撮影しその土地に各種の建物を建設した場合の最大想定収益額や土地の価格の見積りと、間取りなどのプランをだすアプリ、ロボット建築士・鑑定士『オートカルク』を、一昨年リリースし、当初は設立直後のベンチャーということもあり、PRのために無料公開していた。アパートプランやマンションプラン等、大手の不動産会社などが通常一週間程度かける作業が、数分程度のスマートフォンの操作で可能なため、大手の不動産会社からの引き合いも多く、現在は、パートナーの不動産会社、建設会社のユーザー約100社程度にのみに限定して提供している。ロボット建築士は、これまでにない画期的なプログラムで、日本だけでなく、先日の、カナダのブロックチェーン関連のカンファレンスでも好評で、アジアでも、シンガポールの大手金融機関などにも展開をもとめられている。先日のモスクワ講演でも、モスクワ市のアドバイザーを務める元フランスの都市計画担当大臣にも好評で、早速今週よりモスクワ市で土地の最有効活用法の検索などに活用できないか検討をはじめているという。 昨年、かぼちゃの家シェアハウス問題や、アパート融資の口座改ざん問題などがある中で、そうした問題のあったシェアハウス物件については、ロボット建築士・鑑定士を 昨年、かぼちゃの家シェアハウス問題や、アパート融資の口座改ざん問題などがある中で、そうした問題のあったシェアハウス物件については、ロボット建築士・鑑定士を利用するとたいていは家賃収入が2,3割高く見積もられているという査定になるため、客観的な賃料査定、建設費のあいみつ、セカンドオピニオンをとるのに利用できたという。しかし、現在は、不動産会社、建設会社のみに提供しており、一般の個人投資家への貸し出しは検討していず、今後は、金融機関などの融資判断、担保価値評価などに利用する方向で検討しているという。先日同社から発表のあった、ブロックチェーンを利用した相続システムなどの導入により、今後多くのケースで、不動産の査定を行う場面があると想定される。その際には、物件評価や専属専任契約を結んだ不動産会社、あるいは担保価値を見積もる金融機関などに利用してもらうとしている。 ツバイスペースは、不動産業界へのAI・ブロックチェーンアプリの活用について、①口座や書類の改ざん問題などについては、同社の運営する不動産ブロックチェーンを利用し、②物件の客観的な評価についてはロボット建築士・鑑定士を利用し、③地震が多発する中での耐震程度については同社のナマズアプリを利用することで、不動産投資に関わる賢明な判断を今後もサポートしていきたいとしている。同社は、しばらくは不動産のプロ中のプロといえる不動産会社や金融機関等から先に導入を進めたいとしている。ロボット建築士オートカルク他、各アプリ群は、同社の提供する不動産業者向けのシステム「小不動くん」により利用できる。申し込み等、詳細資料は以下 不動産屋様向け、クラウドシステム 小不動くん についての説明資料 http://zweispace.co.jp/dl/hudosanya-promotion-tool.pdf 不動産業者用ID発行も売り込みページ 不動産業者用ID発行申し込みページ 株式会社ZWEISPACE JAPAN http://zweispace.co.jp