世界を超える最良のパートナー

apps2

AI・ロボットの力で不動産業界をより豊かに、最先端産業に導きます!日本から世界へ。

Zweispaceは不動産業界をテクノロジーの力でより豊かに導き、さらには一般消費者さまの生活の向上につながることを目的として活動しています。
2017年は建築プランを自動で作成できるアプリオートカルクや、地震の耐震強度測定を自動で行うナマズ、さらに、不動産売買の際にかかる手数料を割引できるアプリオフドウクンの開発、運営を行っています。

ニュース

円建てのステーブルコインとして、世界トップ10不動産テックソリューションに選ばれたアプリにも使える、ツバイコイン(ZWEICOIN)を発行する。

日本円建てのステーブルコインが、いよいよクリプト業界に登場する。実業の不動産テックアプリも世界TOP10に選ばれる快挙! 不動産テック、建設テック、ブロックチェーンと各方面で、最先端のソリューションを提供しているツバイスペースが、ブロックチェーン業界でながらく求められていた、円建てのステーブルトークン、ツバイコイン(ZWEICOIN)を発行。海外の仮想通貨取引所やゴールドマンサックスなどが関係して運営している既存の米ドルベースのもの比べても、さらなる進化版となる。ツバイコインは同社の不動産テックアプリに利用できる円建てのアプリトークンがその本質だ。ツバイスペースは既に特許も多く取得しており、世界の不動産テックTOP10にも選ばれた実力あるアプリ開発会社だ。そのアプリやIoT地震センサーなどをいち早く全世界にひろめるためにコインを発行する目的もある。今後は、インターネット業界の経験豊富な亀田の率いるツバイスペースが、信託関連のスマートコントラクトも活用し、世界最高水準のフィンテックソリューションを日本発で提供していく。金融ビッグバン以来、20年、年金問題が叫ばれる中、インターネットと金融の融合、フィンテック革命の本番がいよいよ日本から始まる。  ツバイスペースは、機関投資家などからの推薦により世界Top10の不動産テックソリューションとして選ばれ、ロボット建築士だけでなく、地震関連のソリューションとしても、先月の地震のあった日本、先週地震のあったカリフォルニア、またアジアの地震多発地域でもそのソリューションが期待されている。 多国籍企業が同社のアプリを利用するうえで、各国のグループ会社での利用なども想定し、グローバルなアプリ利用について多方面から打診されていた。先日台湾で行われたアジアブロックチェーンサミットでは、ツバイスペース代表の亀田が不動産のトークナイゼーションや、信託、AIアプリなどについての基調講演をし、国内外の取引所、暗号資産のファンドマネージャー等から、多くの引き合いをうけた。その要請をうけて、現在同社の日本のプラットフォーム内にあるツバイコイン(ZWEICOIN)を、海外でも利用できるように、既にパブリックチェーンでトークン化しているトークンを日本国内だけでなく海外にも配付することを決定た(ERC-20等、ZJR:既に日本国内にはトークンの保有者がいる状況)。 ステーブルコインでは、米ドルベースのテザーなどが業界では有名で、日本円ベースのものはまだ登場していなかった。テザーは、トークンの元とのなるはずのドルが途上国の銀行口座などにあるとされており、実際に存在するかどうか不明と、ながらく業界では物議をかもしていたものの、1ドルにほぼペッグしており事実上ドルとほぼ等価としてクリプトマーケットで流通している。7月に入り、連日のように1億ドル単位の新規発行をしている。 今回、ツバイスペースのツバイコインでは、アプリトークンの購入代金として受け取られた通貨や仮想通貨が、最終的には日本円として日本の金融機関の口座に管理され、先日ツバイスペースが提携発表した信託制度保障協会の提供する信託制度も利用することで、信託口座に準じる形で日本円の出納管理を3重キーで行うなど、別勘定としての運用を徹底し、ステーブルトークンとしての機能にも耐えうる、世界で初の仕組みを提示・提供することになる。 ツバイスペースは、この他にも、アジアを中心に不動産プラットフォームや地震関連ソリューションを提供していく他、昨年特許取得済みのブロックチェーン・スマートコントラクトを利用した、相続関連の信託支援システムを、信託制度保障協会と提供し、さらに地方銀行などと連携して、相続関連の新サービスを開発していくことで合意しており、スマートコントラクトなどのプログラムを使ったフィンテックの本格的なアプリケーションが、今回の連携にあたる地銀などから進展すると想定され、今後の展開が期待される。 株式会社ZWEISPACE JAPAN http://zweispace.co.jp Zweispace, a blockchain solution company, located in Tokyo, Silicon Valley, and Singapore, started to issue ZWEICOIN, Japanese yen based stable token, and utility token for its proptech apps selected as global top 10 proptech solutions as well. For the stable token, Tether is most popular among crypto market. But the existence of dollar holdings backing the token was questioned always. This time, Zweispace will use accounts in traditional Japanese bank, and…

ツバイスペースのロボット建築士「オートカルク」が特許を取得。現在、全国のパートナー不動産業者、建設業者などが利用中、海外でも話題に!

Zweispace, a prop-tech, kensetsu-tech, blockchain solution company, located in Tokyo, Silicon Valley, and Singapore, its popular Robot Architect “Autocalc” received his patent. Robot Architect is currently serving for Zweispace’s realtor and construction partners in Japan. ツバイスペースは、先週、ロボット建築士『オートカルク』の特許を取得した。同社は、土地の形状をスマートフォンなどで撮影しその土地に各種の建物を建設した場合の最大想定収益額や土地の価格の見積りと、間取りなどのプランをだすアプリ、ロボット建築士・鑑定士『オートカルク』を、一昨年リリースし、当初は設立直後のベンチャーということもあり、PRのために無料公開していた。アパートプランやマンションプラン等、大手の不動産会社などが通常一週間程度かける作業が、数分程度のスマートフォンの操作で可能なため、大手の不動産会社からの引き合いも多く、現在は、パートナーの不動産会社、建設会社のユーザー約100社程度にのみに限定して提供している。ロボット建築士は、これまでにない画期的なプログラムで、日本だけでなく、先日の、カナダのブロックチェーン関連のカンファレンスでも好評で、アジアでも、シンガポールの大手金融機関などにも展開をもとめられている。先日のモスクワ講演でも、モスクワ市のアドバイザーを務める元フランスの都市計画担当大臣にも好評で、早速今週よりモスクワ市で土地の最有効活用法の検索などに活用できないか検討をはじめているという。 昨年、かぼちゃの家シェアハウス問題や、アパート融資の口座改ざん問題などがある中で、そうした問題のあったシェアハウス物件については、ロボット建築士・鑑定士を 昨年、かぼちゃの家シェアハウス問題や、アパート融資の口座改ざん問題などがある中で、そうした問題のあったシェアハウス物件については、ロボット建築士・鑑定士を利用するとたいていは家賃収入が2,3割高く見積もられているという査定になるため、客観的な賃料査定、建設費のあいみつ、セカンドオピニオンをとるのに利用できたという。しかし、現在は、不動産会社、建設会社のみに提供しており、一般の個人投資家への貸し出しは検討していず、今後は、金融機関などの融資判断、担保価値評価などに利用する方向で検討しているという。先日同社から発表のあった、ブロックチェーンを利用した相続システムなどの導入により、今後多くのケースで、不動産の査定を行う場面があると想定される。その際には、物件評価や専属専任契約を結んだ不動産会社、あるいは担保価値を見積もる金融機関などに利用してもらうとしている。 ツバイスペースは、不動産業界へのAI・ブロックチェーンアプリの活用について、①口座や書類の改ざん問題などについては、同社の運営する不動産ブロックチェーンを利用し、②物件の客観的な評価についてはロボット建築士・鑑定士を利用し、③地震が多発する中での耐震程度については同社のナマズアプリを利用することで、不動産投資に関わる賢明な判断を今後もサポートしていきたいとしている。同社は、しばらくは不動産のプロ中のプロといえる不動産会社や金融機関等から先に導入を進めたいとしている。ロボット建築士オートカルク他、各アプリ群は、同社の提供する不動産業者向けのシステム「小不動くん」により利用できる。申し込み等、詳細資料は以下 不動産屋様向け、クラウドシステム 小不動くん についての説明資料 http://zweispace.co.jp/dl/hudosanya-promotion-tool.pdf 不動産業者用ID発行も売り込みページ 不動産業者用ID発行申し込みページ 株式会社ZWEISPACE JAPAN http://zweispace.co.jp

地震データの改ざんを防ぐ、ブロックチェーンを活用した、画期的なシステムを開発

不動産テックのツバイスペース、今度は建築テック業界で、地震データの改ざん防止を担保しつつ、AIを使って、地震の被害シミュレーションを可能にする、画期的なシステムの特許を取得、商用サービスの開発を開始。 不動産テック の 株式会社ZWEISPACE JAPAN (ツバイスペース 東京都千代田区)は、同社が提供している耐震強度測定アプリ『 ナマズ 』の次世代版の測定実施拠点として、全国各地の建設会社パートナーを募っているが、この度、地震データの改ざんをブロックチェーンで防ぎつつ、AIを使って、地盤調査を含めた地震の被害シミュレーションを可能にする画期的なシステムの特許を取得した上で、商用サービスの開発に着手した。今後、全国各地の大小さまざまな建設会社、開発パートナーと共に導入と、システムの継続的改良を進めていく。 今回ツバイスペースが取得した特許は、IoTセンサーにより、より詳細な地震データを、国のシステムよりも著しくローコストで取得し、AI技術を使いより高速で精緻な予想を行い、ブロックチェーンを活用し改ざん防止を行うという画期的な技術についてだ。ツバイスペースが数年前に早期出願して取得したブロックチェーン関連の特許の一つでもある。世界に先駆けて不動産業界のブロックチェーンの特許を取得し、展開しているツバイスペースが、今回新たに、建築業界で、日本にとって重要課題である地震に関する最先端のソリューションを提示することとなった。先週末の、地震計測データの改ざんという報道を受け、取り急ぎ改ざん防止の機能を備えたシステムにつての特許取得と、同システムの開発についてのアナウンスであり、特許の内容や、システムの詳細については、後日改めて発表するとしている。           ZWEISPACEは、人間の約30,000倍の高速でプランが入る、ロボット建築士、鑑定士 『オートカルク』や、耐震強度測定アプリ 『NAMAZU』を発表し、また、金融業界を中心に、最先端技術の一つとして期待されている、ブロックチェーンを活用した不動産売買管理システム(特許取得済)の提供を開始するなど、各方面から注目されておりますが、今回は、包括的地震対策システムについてのリリースとなる。ZWEISPACEは、今後も、不動産業界、建設業界をインターネットで革新的により良くしていくアプリを、日本発、世界へ、順次発表していくとしている。

成長する力を身につける
 Zweispace リクルート

Zweispace には自ら課題を見つけ、新しい技術をつねに取り入れ、成長し続ける力を持ったメンバーが集まっています。
我々と共に高い目標を持って前に進みたいと思える仲間を募集しています。

recrute2

ツバイスペース・パートナー

ツバイスペースではパートナーになっていただける不動産会社様、建設会社様を全国で募集しています。
パートナー登録は無料、ツバイスペースが提供する様々なサービスをご利用いただけます。
ご興味のある会社様はぜひ詳細をご確認ください。